商品情報にスキップ
1 3

SZPHOTON

放射線硬化光ファイバープレート(rhFOP)

放射線硬化光ファイバープレート(rhFOP)

通常価格 $195.00 USD
通常価格 セール価格 $195.00 USD
セール 売り切れ
  • 放射線によるダメージからセンサーを保護する
  • X線による褐色化(長期使用後の褐色化)に対する耐性
  • 蛍光体から発生する散乱光を吸収する

rhFOP は、X 線エネルギーを吸収できる材料で作られています。これにより、蛍光体 (シンチレータ) からの過剰な X 線漏れからセンサーが保護されます。これにより、センサーの寿命が延び、システムの SNR も向上します。
*rhFOPはデフォルトでセリウムが添加されている

詳細を表示する
  • 単繊維径

    ファイバーサイズが小さいほど解像度が高くなります。(6um = 114um)

    • 6うーん
    • 8ウム
  • 最大サイズ

    対角100mmを超えると製造コストが急激に増加します。より大きなサイズが必要な場合はお問い合わせください。

    • 最大サイズ: 150mm x 150mm
  • 厚さ

    FOP のサイズが大きくなると、構造を維持するために必要な最小厚さも大きくなります。通常、厚さは 1mm ~ 3mm 程度になります。

    • 1mm - 10mm
  • EMA吸収体

    EMA は、標準ファイバーの間に挿入される特殊なファイバーです。ファイバー間の迷光を吸収するために使用されます。ただし、全体的な伝送が低下するという代償があります。

    • インタースティシャル
  • 開口数

    開口数は、FOP の製造に使用する材料によって決まります。

    • NA = 1.0
  • X線遮蔽能力

    厚さ: 1.2mm、X線出力140KVp。

    • 93%
  • 蛍光体対応

    • はい
  • 無鉛の

    原料にはPb元素は含まれていません。

    • はい

一般的なタイプ

あなたのカート
バリエーション バリエーションの合計額 数量 価格 バリエーションの合計額
寸法=7.5x5x10 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
寸法=7.5x5x10 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
$195.00/ユニット
$0.00
$195.00/ユニット $0.00
寸法=25.4x25.4x2 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
寸法=25.4x25.4x2 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
$402.00/ユニット
$0.00
$402.00/ユニット $0.00
寸法=50x50x3 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
寸法=50x50x3 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
$860.00/ユニット
$0.00
$860.00/ユニット $0.00
寸法=115x115x4 \ NA=1 \ ファイバー径=8um \ 数量=1個
寸法=115x115x4 \ NA=1 \ ファイバー径=8um \ 数量=1個
$811.00/ユニット
$0.00
$811.00/ユニット $0.00
寸法=120x60x2 \ NA=1 \ ファイバー径=8um \ 数量=1個
寸法=120x60x2 \ NA=1 \ ファイバー径=8um \ 数量=1個
$531.00/ユニット
$0.00
$531.00/ユニット $0.00
寸法=148x115x5 \ NA=1 \ ファイバー径=8um \ 数量=1個
寸法=148x115x5 \ NA=1 \ ファイバー径=8um \ 数量=1個
$1,270.00/ユニット
$0.00
$1,270.00/ユニット $0.00
寸法=23x23x5 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
寸法=23x23x5 \ NA=1 \ ファイバー径=6um \ 数量=5個
$400.00/ユニット
$0.00
$400.00/ユニット $0.00

カートを見る
0

アイテムの総数

$0.00

商品の小計

税、ディスカウント、および配送料はチェックアウト時に計算されます
カートを見る

アプリケーション

FOP と Scintillator の使用

CsI(Tl) は主に柱状の結晶構造を持ち (下図参照)、条件に応じて約 83% が柱状結晶内で反射されます。

このため、光は結晶壁に導かれ、一定の割合がフォトダイオード方向に導かれます。これらは構造化シンチレータと呼ばれます。CsI (Tl) シンチレータはガラスなどの基板上に堆積され、その後反転されてフォトダイオードに接着されます。また、フォトダイオード上に直接堆積することも、光ファイバー プレート上に堆積することもできます。(下記参照)

蛍光体の散乱

光は蛍光体内を移動する間に拡散します。拡散量は蛍光体から脱出するために必要な経路の長さに比例します。光検出器の近くで相互作用する X 線は、遠くで相互作用する X 線よりも鮮明な (ぼやけが少ない) 光信号を生成します。光検出器を蛍光体の X 線入口側に配置すると、ほとんどの光量子の経路は最短になります。

光ファイバープレートは CCD/CMOS に直接結合し、画像をぼかす可能性のある散乱光を吸収します。これにより、システムの SNR が向上します。